TOP>>ポリシー

ポリシー

一生の健康に役立つ

歯がないから穴埋めにインプラントをする。
それも大事ですが、歯並びを失うことにより、他の歯や身体の健康を失います。
つまり、インプラント治療を大きな予防治療と考えて計画すると、価値は高くなります。

奥歯を失うといろいろと身体に大きな影響があります。
意外に知られていないことに、難聴があります。
奥歯がしっかり噛めるようにして、聴力が回復した報告もあります。

また、すぐダメになることなく、40年くらい長期で使えるとさらに、一生の健康に役立ちます。

歯の存在を忘れられる、楽しい毎日を取り戻す

失って分かる健康に、歯の存在があります。
歯があると、何でも噛めて美味しいのはもちろんです。
入れ歯になってしまうと、食べるものが限られてきます。
また外食や旅行などには、入れ歯が障害になって、気後れしたり、十分に楽しめないことも出てきます。

実は入れ歯様の命令通りに、毎日の生活が自分の思い通りにならなくなってきます。

昔のような自由な生活を取り戻しましょう。

美しい口元の回復

奥歯を失うと、口元の変化はもちろんですが、実は顔の変形も起こります。
張りのある、若々しい、美しい顔、それは健康な奥歯と前歯が支えています。
歯がないままや、入れ歯や、例えブリッジでも、そこまでの健康を取り戻せないことがあります。
それは、歯の根がないからです。
自分の歯を残す価値が高いことが分かりますが、インプラントは根から取り戻す画期的な治療方法です。

噛めるようになったら、若々しさもとり戻しましょう。

トラブルも想定して、完成まで乗り切る計画

インプラントは難しい治療方法です。
普通の治療が十分できることが基本です。
例えば抜歯はもちろん、差し歯や入れ歯や総入れ歯もきちんとできると、インプラント治療の成功も高まります。

インプラントを長く使うためには、歯周病への配慮も必要です。
歯周病治療の実績も、インプラント治療成功の鍵となります。
そのためには、常勤の歯科衛生士がふだんからケアを毎日診療していることも重要です。

また、インプラントは予定通りにいかないことがあります。
当初から予定外の事態への対策を考慮すると安心です。
何が起きても必ず完成させる計画です。
予定外のことが起きると更に難しくなります。
しかし、計画的な治療では殆どの場合に解決方法があります。